バナー

就活で絶対にやっておくべきこと

就活は人生にとって一大イベントです。企業の合同説明会などはリクルートスーツに身を包んだ学生が何千人と集まり、毎年の大きなイベントと言って良いくらいです。



そして多くの学生が非常に早い時期から準備を進めています。大学生であれば3年生くらいには就活を意識しはじめますし、意識の高い人は2年生から準備を始める人もいます。その準備ですが、何をいつからやったらいいかというのは悩むところです。
しかし、まずは自分の興味のある業界を選ぶことが重要です。

そのためには業界研究をするのが良いです。
業界研究をすることによって、自分がどのような業界に興味があるのか、その業界ではどのような知識が使われていて学生の内につけられる知識はないかということを考えることができます。
次に、そのような業界の中でインターンシップをしている企業がある場合は実際にインターンシップを通して働いてみることで、本当に自分にその仕事が合っているかどうかを確かめることができます。

就活の情報探しはこのサイトから初めてください。

これをするのとしないのでは、その後の就活が大きく変わってきます。



さらに、本番の面接などに備えるために履歴書の書き方を学び、実際に履歴書の下書きをすることや自己PRと学生時代に力を入れたことなどを深く掘り下げていくと、より良い就活をすることができます。
大変なイメージがあると思われている就活ですが、事前にしっかりとした対策を行っておくことで、スムーズに進めることができます。