バナー

就活とは何をすればいいのか

大学3年生頃になると、どこに就職したいか、どのような仕事をしたいかを考えるようになります。


いわゆる、就活をする学生が多くなるでしょう。

そこで、就活とはどのような事をするのかをご説明します。

まず、自己分析をして、自分の強みや弱みを知り、どのような分野で活躍できるかを考えます。初めて社会に出るにあたり、自己分析をする事はとても重要になります。

どのような分野で活躍したいかが決まったら、次に就職説明会などに参加したり、就活サイトから企業へエントリーします。

なるべく多くの企業を訪問し、気に入った会社があれば、本エントリーをします。
その時、履歴書を書くことになりますが、自己分析をした結果ややりたい仕事などを記載して、企業にアピールする事ができます。
履歴書を通過する事ができた人は、テストを受けたり、面接に参加をしたりします。



就職活動のテストは特殊なため、事前にテキストを利用してしっかりと対策をすると良いでしょう。

面接では、なぜ会社に就職したいのか、どのような仕事をしたいのかなど仕事に対する質問や、学生時代に勉強した事などを聞かれます。



また、新卒採用枠で受けた人たちには、自己分析の結果どのように会社で活躍できるのかなども聞かれるため、面接前にもう一度復習をした方が良いでしょう。

就活に関するアドバイスです。

すべての工程が終わり、企業に認められれば、内定をもらう事ができます。
就活はかなり大変ですし、お金もかかりますが人生を左右する大事なものです。