バナー

就活と職種と勤務地について

就活の場合には職種と勤務地が限定されずに募集がかかることが多いです。

つまり、職種も勤務地も選べません。


総合職か総合技術職、一般職のような大きなくくりしかありません。
理系学生の場合には専攻を活かした技術職に就くことが多いですが、開発や設計、研究、生産管理などの詳細は分かりません。



また、総合技術職で採用されたとしても、営業などになる可能性もあります。

文系学生の場合には、殆どが営業や販売などの接客の仕事になります。

SEなどになる人もいますが、顧客との対話も多く、営業的な側面を多く含んでいる場合が多いです。

専門的な仕事に就活で就きたかったら、その職種に必要なスキルや知識、資格などを取得しておいた方が良いです。

就活では職種限定されることが珍しいので、頑張っても、好きな仕事につけるかどうかは分かりません。

しかし、頑張っておけば、希望する部署や仕事につける可能性が高まります。

だから、努力はしておくべきです。
就活では中小企業を避ける人が多いですが、職種や勤務地に拘りがあるなら、中小企業を目指すと良いです。

中小企業の場合には職種や勤務地が限定されていたり、希望した職種で採用されやすくなるからです。

社長や部長などに希望を伝えれば、受け入れられることも珍しくありません。



新卒採用は日本ではとても有利です。



就活は厳しいと感じる人も多いですが、新卒じゃない状態から未経験の仕事に挑むことは、新卒者の何倍も難しいです。

だから、新卒のチャンスは逃さないようにした方が良いです。